So-net無料ブログ作成

大丈夫か? [道具全般]

「大丈夫か?」・・・2017年のHOYTラインアップを見たときの第一印象です。

http://hoyt.com/target-recurves/risers

ここ最近はショップで触れる機会もないので、完全にホームページを見た限りの印象でしかありませんが、2017年のHOYTはある意味「賭け」に出ている気がします。

不評だったProdigyシリーズを電光石火で廃盤にしたのは当然としても、近年のHOYTとしては珍しく評判が高かったGMXまでも廃止し、上位モデルを全て一新するという、かなり思い切った変更が施されました。

GMXは(管理人の記憶が正しければ)2010年ごろに発売されたモデルですが、最近に至るまでその実績には目覚しいものがありました。その間に多くのモデルが発表されては消えましたが、直近のProdigyも含め、いずれもGMXほどの戦績は挙げられていません。言い換えれば、少なくともこの6年間、HOYTはGMXを超える製品を世に送ることできないまま今に至っていることになります。その証拠に、1年や2年で販売終了になる製品が横行する中で、GMXは6年間も売れ続けています。今回、それを捨てるという英断を下したわけです。

失敗作だったProdigyはともかく、虎の子のGMXも終了した今、後継機のスペックはどうなのかが当然ながら大きな問題になってくるのですが、ここは実際に触っていないのでなんとも言えません。社内でもいろいろな議論があったでしょうし、どんなロングセラーでもいつかは終了するので、ことさらHOYTの判断にケチをつけるつもりはありません。

ただ、新たに発表されたFormula FactorやGP Epikを「買いたいと思うかどうか」については、個人的にはっきり「NO」です。理由はただ一つ、高すぎるから。ハンドルだけで12万円ですよ。値引き後でもショップではおそらく10万円を超えるはずです。上級者でさらなる高みを目指す人ならともかく、これから競技者としてのスタートを切る人にとっては、あまりにも金銭的ハードルが高するし、そもそも同等レベルの製品でもっと安く買える製品は他にあります。Prodigyで不評だったシステムを大幅に改良したとはいえ、このシステムにGMXからさらに数万円の追加的価値を見出すのは少々無理があるのではないでしょうか? 実勢8万円代くらいであれば検討に値すると思いますが。

海外はともかく、初心者からいきなり最上位機種を勧める傾向が強い日本では、少なくともこの価格設定は裏目に出るのではないかと思います。

大丈夫かな、来年のHOYT・・・(-"-;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。