So-net無料ブログ作成

Mybo WAVEハンドル [道具全般]

ついに届きました。
JPアーチェリーさんから購入した、Myboの新ハンドル、WAVE。中級者向けの製品で、お値段は32,800円。管理人が現在使っているHOYTのFormula RXからグレードダウンということになります。

なぜ、お金を払ってまでわざわざグレードの低いものを? と思われるかもしれませんが、これはある意味で賭けのようなものです。アーチェリーを再開してからはや7年、その間SHだけをとってもトップ並みの点数はおろか、620点すら叩いたことがありません。長距離にいたっては、未だに70Mのサイト付けすらできていません。それなのに、道具だけは最上級のものを使い続けている。次第に、「これって、なんだか変じゃないか?」と考えるようになりました。 いくら、市販のQuattroとトップ選手が使っているQuattroは中身が違うとはいえ、道具の力を引き出せていないことには変わりはないわけで、初心者ならともかく、長く続けている身として本当にそれでいいのか、疑問に感じることが多くなっていました。

そして、肩の痛みを感じるようになったのを機に開き直ることにしたわけです。どうせ当たらないなら、今の実力に見合った道具にしてみよう、と。ついでに、肩の負担を少なくするため、66インチから68インチに戻すことにしました。今回、そのためのハンドルが届いたわけです。

前置きが長くなりましたが、ざっと見た感じの雑感です。

image1.JPG
外観はこんな感じ。なんとなく新鮮味がないというかなんというか・・・(笑)。どことなく既視感がある(悪く言えばパクリ感満載の)ハンドルです。HOYTのRadianやEranとSFフォージドハンドルを足して2で割ったような感じでしょうか。全体的な仕上がりは、想像していたよりもレベルが高く、塗装ムラや手抜きっぽいところは見当たりませんでした。

image3.JPG
グリップはラバーっぽく加工が施されたプラスチック製。ヤマハに近い形状です。
クリッカープレートは完全にWin & Winのパクリとしか思えません(あるいはWinもどこからかパクっていたのかもしれませんが)。

image4.JPG
リムポケットはPSEのX Appealのようにフラットな作り。これが、本製品が軽量化されている理由のひとつと思われます。
また、低価格の理由と思われるのがリムボルト。重厚感と塗装感がゼロで、チープな香りがプンプン漂ってきます。見た目はHOYTのプロティラーボルトに似ていますが、可動式ではありません。

image6.JPG
センターにはブッシングが入っていますが、アッパーとロアーはハンドルに直接ネジ穴が開けられています。これも低価格(ついでに軽量)の理由のひとつです。

image5.JPG
チープな割には、「イギリス製」であることだけはさりげなくアピールしています。目に付きにくいところでPRするところがニクいですね。こういう演出は大好きです。センター調節は韓国メーカーがよく使っているものが採用されています。

image2.JPG
真後ろから見たところ。一見すると一般的なハンドルと同じバランスに見えますが、同じフラットなリムポケットであってもPSEのように全体のメリハリが効いた構造になっていないためか、上下のリムポケット部がかなり軽いです。実際に射ってみないとわかりませんが、ローリングを防止するための上下ウエイトは必須になるかもしれません。。

パッと見た感じでは、オリジナルな要素は皆無(笑)。オーソドックスというか、手堅く無難な作りのハンドルです。リムが届くまでしばらく期間がかかると思うので、その間は手持ちのRXや旧式のNexusといろいろ比べてみようと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

1月16日(日)の記録 [練習記録]

2週連続の練習@世田谷公園です。

とにかく、射てる本数を早く戻したい、でも無理するわけにはいかない・・・ということで、50Mと近射を中心に、縁起よく77本で終了しました。

土曜日だったので、この日は世田谷公園をホームとする都内の某大学と久々に遭遇しました。リーグ戦も近づいているせいか、彼らも気合十分の様子。少し気が早いけど、ぜひ健闘を祈ってます☆


ところで、今度購入する新しい弓ですが、結局リムもMyboで揃えることにして、無事に発注できました。

mybo-synergy-carbon.jpg
発注したのはこれ、Synergy Carbonです(写真はイギリスのショップMerlin Archeryから)。残念ながらウッドコアではありませんが、初めて接するメーカーなので、今回はハンドルとリムを同じメーカーで揃えることを優先しました。価格は約3万円。この手の商品としてはかなりお手頃です。当初はMerlin Archeryからの購入を追求していたのですが、なかなかうまくいかず、なぜかオランダから取り寄せることになりました。それでも、配送料を含めて3万円前後です。

いつ届くかわからないので、気長に構えることにします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

1/10(日)の記録 [練習記録]

初射ち@世田谷公園です。
といっても、実際は4日に休みをとって少し肩慣らしをしたのですが。

肩の痛みは、何もしなければ感じないものの、数十本射つとまだ少し痛みが出てくるので、無理せずに52本であがりました。4日は36本なので、合わせて88本。2ヶ月ぶりの射場だったので、肩の様子を見ながら徐々に元のペースへ戻します。

同時に、少しでも引きやすくするため、弓のサイズを66から68へ変更することにしました。新しい弓を追求するのはそのためでもあります。

ハンドルは、以前にもこのブログで触れたMyBoのWAVEにほぼ決めましたが、問題はリムです。同ブランドのカーボンリムは日本ではネット通販も含めて見当たらないため、他のリムにするか製造元であるイギリスあたりから直接取り寄せるか、引き続き検討中です。一般として、ハンドルの設計をちゃんと活かすには、純正のリムを使うのがベストだと思っているので、取り寄せがうまくいかないようであれば、限られた予算の範囲内でベストと思われるものを買うしかありません。

そんなわけで、新弓の登場(?)は2月になりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016年 [雑記帳]

2016年、明けましておめでとうございます。みなさんにとって2015年はどんな一年でしたか?

管理人はほぼ去年の予想どおり、育児とアーチェリーの両立とバランスに頭を悩ませ続けた一年でした。4月には全く違う分野の仕事場へ異動し、海外出張が増えたことも影響して射場に行く機会もさらに減り、ほとんど何の実績も残せませんでした。それでも妻の理解にも支えられて(←ここがメチャ重要)、当初考えていたよりはかなり弓を引く機会に恵まれたと思います。

さて、今年はどうするかですが・・・^^;
肩の痛みが長引いたこともあって、今年の東京インドアオープンは諦めました。もう痛みはなくなったので、妻の理解のもとで育児と両立しつつ、気持ちの上では3月と11月の世田谷区大会には出たいと思います。状況次第では、今年の秋〜冬はどこかのインドアには出ようと考えています。

あと、今年の早い段階で弓を入れ替えることにしました。理由は後日のブログで触れますが、気分転換以外にも思うところがあって、購入に向けた準備を進めているところです(ハンドルは目処がついたのですが、リムの購入に少し手こずっています)。


今年はリオデジャネイロ・オリンピックですね。女子は既に団体と個人総合で出場が決まり、男子は北京とロンドン大会の銀メダリストの古川選手が出場予定とのことで、ぜひ活躍に期待したいところです。また、その前に男子団体が6月のワールドカップでリオ出場権を獲得できるかどうか、ここにも注目したいと思います。

2016年がみなさんにとっても充実した年になりますように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。