So-net無料ブログ作成
検索選択

ブレグジット [雑記帳]

イギリスとEUの関係が大変なことになっています。
すでにニュースや各メディアで連日報道されているとおり、イギリスが6月23日に行った国民投票でEU離脱派が僅差で勝利しました。これから正式に離脱宣言をした後、離脱の条件についてEUとの交渉に入るとのこと。キャメロンさんが首相を辞任し、秋頃に新しい首相が一連の離脱手続きに取り組む筋書きのようですが、EU側は一刻も早く離脱宣言するよう主張。今後、気まずく泥臭い展開が予想されます。

なぜこんなことを書いたのかというと、イギリスが競技アーチェリー発祥の地だから・・・だけではありません。

今回の国民投票をきっかけに、スコットランドがEU残留派、残りが離脱派が多数を占め、王国間の温度差が明確に現れました。そのことで、イギリスという連合王国そのものがが解体の危機にも直面しています。

仮にスコットランド独立となると、老舗メーカーであるBorder社製品の流通が一時的に混乱する可能性はなくもありません。少なくとも、EU離脱は同社の業績に少なからず影響を与えると思われます。また、管理人が所有するMyboもイギリス製です。政治経済だけでなく、アーチェリーの視点からも、今後の行く末を興味深く見ていきたいと思います。


image5.JPG
いつか、このユニオンジャックも見られなくなる日が来るのでしょうか・・・? 今後のイギリスの動向からしばらく目が離せそうにありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。